インフォメーション

  1. >
  2. >
  3. 月星座による6月の運勢

月星座による6月の運勢

●月が牡羊座の人

何かに焦っているようで、そんな時は冷静な判断ができないため早急に結論を出したり自己完結しないこと。必ず誰かに相談したりして少し時間をかけて何事も取り組む姿勢が大切。衝動買いなどにも注意が必要なとき。

 ●月が牡牛座の人

感受性がとても豊かになっていて、優しさに溢れています。身近な人に特に優しくしてあげると絆が深まります。逆に配慮が足りなかったと思える人がいたらすぐに謝って。関係性を修復するにはとてもいい時期です。

 ●月が双子座の人

一つ不安なことができると連鎖的に不安が募ってしまいますのでなるべく大丈夫だと言い聞かせて下さい。物事をある程度適当にできる鈍感力を持っている人に救われるので今のままでもいいんだと思える姿勢が肝心。

 ●月が蟹座の人

情熱的になっているのはいいことなのですが、自分の持ち場以外の事にまで首を突っ込んではいけません。良かれと思って人の領域に踏み込んでしまうとただのおせっかいに。人の話をよく聞いてから行動するように。

 ●月が獅子座の人

気持ちがなかなか相手に伝わらなかったりしてもどかしい時期ですが、うまく言おうとすると余計にこじれますので放っておいて相手の自己治癒力に任せるのもいい。時が解決してくれることもあるので焦らないこと。

 ●月が乙女座の人

ほどよく精神的なバランスが取れていますのでこういう時はあまり冒険しないで普段の生活を送る中で安定を求めて下さい。気が進まないときは外出しないで掃除などをして環境を快適なものにすると心が洗われます。

●月が天秤座の人

面倒なことや気乗りしないことこそ早めに終わらせるようにしましょう。ペース配分によって自分を楽にできるので、あえて苦手分野から片付けると最後にはご褒美しかないのだから何事もスムースに運ぶようになる。

 ●月が蠍座の人

誰かの助けがあるのでやる気も倍増し、やることなすことサクサク進んでいくでしょう。変わりたい、前進したいという思いが出ているのでなるべくポジティヴな言葉を口にして自分に活気をつけてあげるのが自己暗示。

 ●月が射手座の人

避けて通れない問題があるのですから下手にテクニックを使おうとか要領で乗り切ろうとしないこと。自分らしく正面からぶつかって行く姿勢こそが評価に繋がるし自分でも自信になる。失敗を恐れないでいることです。

 ●月が山羊座の人

無理難題を言われても動じない強さがあります。精神的に穏やかなので普段なら腹立たしく感じることも気にならないし自分のシンがぶれないので大丈夫。売られた喧嘩は買わず、飄々とマイペースで進んでいけばいい。

 ●月が水瓶座の人

天邪鬼な気持ちがふと頭をもたげるのでそれが大事な局面で出てしまうと人間関係に亀裂が入るので気を付けて。気分が乗らないときは最初に言っておくこと。ドタキャンなど大人げない行動をしないように注意すること。

 ●月が魚座の人

テンションが比較的高めなので運動をしたりしてエネルギーを溜めこまないで循環させてください。あなたがいいなと感じたことはどんどん周りに勧めてください。感性の似た人といると心地よいので自ら誘ってみて。

 

 

»«